So-net無料ブログ作成

安曇野スタイル2009 [日常風景]

あれやこれやの事情で久しく更新できておりませんでしたが、
みなさまお待ちかね(なわけないか…)のエントリー再開です。

先月末の31日からスタートしている安曇野スタイル2009。
今年はイベント主催参加ではなく、ゲストとして見て回ることに決め、
昨日の午前中にちょっと市内を北へ南へとドライブ。

今年のインフォメーションセンターにもなっている、
穂高交流学習センター
真新しい建物の広いホールには
参加している作家さんたちの作品が所狭しと並べられていて。
主要スタッフのNさんが居て、久しぶりということで挨拶。
「頑張って20人ほどの作品をかき集めてきた」なんて言いつつ笑っていて。
これでも今回参加した全作家の何割か。
安曇野というエリアの芸術工芸作家さんの人口密度の高さに
改めて感心してしまう次第。

で、その後は山麓エリアのギャラリー“優游居(ゆうゆうきょ)”へ移動。
うちの相方がお世話になっている書家、一志水鏡さんの作品を鑑賞。
水鏡さんの書はどの作品もおだやかで、心が和むものばかり。
写真などのブログに掲載はできませんので、
ぜひ一度直接ご覧になられることをお勧めします。

「まちづくり…安曇野暮らし」のブログはこれからまた
ぼちぼちエントリーしてゆきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。